2022-10-06

ケトダイエットとは

最近注目されているケトジェニックダイエット(略してケトダイエット)。

ケトジェニックダイエットは、糖尿病、がん、てんかん、アルツハイマー病に対しても効果があると言われています。

しかし、ケトダイエットがどのようなものか、分からない人が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ケトダイエットについて詳しく解説していきます。体重がなかなか減らないという方は、ケトダイエットに挑戦してみるのもいいでしょう。まずはこの記事を参考にしてみてください。

ケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックダイエットは、アトキンスダイエットや低炭水化物ダイエットと多くの共通点を持つ、超低炭水化物・高脂肪のダイエット法です。

ケトジェニックダイエットでは、炭水化物の摂取量を大幅に減らし、その代わりに脂肪を摂取します。炭水化物を減らすことで、体はケトーシスと呼ばれる代謝状態になります。

ケトーシスになると、体は脂肪をエネルギーとして燃焼する効率が非常に高くなります。また、肝臓で脂肪をケトン体に変え、脳にエネルギーを供給することができます。

ケトジェニックダイエットでは、血糖値とインスリン値が大幅に低下するので、ケトン体の増加とともに、いくつかの健康上の利点があります。

ケトジェニックダイエットの種類

ケトジェニックダイエットには、以下のようないくつかのバージョンがあります。

スタンダード・ケトジェニック・ダイエット(SKD)

超低炭水化物、中程度のタンパク質、高脂肪の食事です。一般的に、脂肪70%、タンパク質20%、炭水化物は10%しか含まれていません。

周期的ケトジェニックダイエット(CKD)

この食事法では、5日間のケトジェニック日の後に2日間の高炭水化物日を設けるなど、高炭水化物を摂取する期間を設けます。

ターゲット・ケトジェニック・ダイエット(TKD)

運動の前後に炭水化物を追加するダイエット方法です。

高タンパクケトジェニックダイエット

標準的なケトジェニック・ダイエットに似ていますが、より多くのタンパク質を含みます。脂質60%、タンパク質35%、炭水化物5%の割合で摂取することが多いです。

ケトーシスとは?

ケトーシスとは、体が炭水化物の代わりに脂肪を燃料として使用する代謝状態のことです。

炭水化物の摂取量を大幅に減らし、細胞の主なエネルギー源であるグルコース(糖質)の体内への供給を制限することで起こります。

ケトーシス状態に入るには、ケトジェニック・ダイエットを行うのが最も効果的です。一般的には、炭水化物の摂取量を1日あたり20〜50g程度に抑え、肉、魚、卵、ナッツ類、ヘルシーオイルなどの脂肪分を摂取します。

また、タンパク質の摂取量を控えめにすることも重要です。というのも、タンパク質は大量に摂取するとブドウ糖に変換され、ケトーシスへの移行が遅くなる可能性があるからです。

断続的な断食を行うことも、ケトーシスへの移行を早めるのに役立ちます。断食にはさまざまな形態がありますが、最も一般的な方法は、1日8時間程度の食事制限を行い、残りの16時間を断食するというものです。

血液検査、尿検査、呼気検査などがあり、体内で生成されるケトン体の量を測定することで、ケトーシス状態になっているかどうかを判断することができます。また、喉の渇きや口の渇き、頻尿、空腹感や食欲の減退など、特定の症状がケトーシスに陥ったことを示す場合もあります。

ケトジェニックダイエットは体重を減らすのに役立つ

ケトジェニックダイエットは、体重を減らし、病気の危険因子を低下させる効果的な方法です。

実際、ケトジェニックダイエットは、低脂肪食と同等の減量効果があるという研究結果が出ています。

さらに、この食事法は腹持ちがいいので、カロリー計算や食事量の記録をしなくても体重を減らすことができます。