2022-05-28

バスケットボールの身体的・精神的メリット

バスケットボールはプレイしたり、観戦したりして楽しむだけではありません。実はバスケットボールをプレイすることには大きなメリットがあり、身体的・精神的な健康につながるのです。

そこでこの記事では、バスケットボールの身体的・精神的メリットについて紹介します。

 筋持久力の強化

バスケットボールをプレーするには、敏捷性、強さ、そしてスタミナが必要です。高強度かつ短時間の筋収縮を利用して、素早く動いたり方向転換したりしなければなりません。また、長時間にわたって繰り返し力を加えるため、筋持久力も必要となります。

そのため、バスケットボールをプレイすることで、下半身や上半身の筋力を高めることができるのです。

さらにバスケットボールでは体幹や背中の筋肉を鍛えることもできるため、スタミナ、エネルギー、レベル、パフォーマンスに良い影響を与えることができます。

健康な骨を作る

バスケットボールなどのチームスポーツをすると、身体的にも精神的にもユニークな健康効果が得られます。2018Trusted Sourceの研究によると、チームで行うスポーツをすることは、骨の強度に良い影響を与えることがわかりました。

ハンドボールやサッカーをしている人は、座り仕事をしている人よりも骨密度が高いことが示されています。

バランスと協調性の向上

バスケットボールをプレーするには、動きの中でバランスを保つため、手と目と足のコーディネーションを発達させる必要があります。バスケットボールでは、ジャンプ、ピボット、方向転換など、素早く体を動かす必要があります。

バスケットボールでは、シュート、パス、ドリブルなどの運動技能を必要とします。また、リバウンドやディフェンスの技術も身につきます。丈夫な体を維持することで、これらの動作をよりスムーズに行うことができます。

 基礎的な運動能力を身につける

バスケットボールをプレイすることで、青少年は発達に必要な運動能力を身につける機会を得ることができます。2018Trusted Sourceの研究では、子どもたちが学ぶ必要のある基本的な運動スキルの向上にバスケットボールが有効であることを指摘しています。

さらに、バスケットボールをプレイすることで、心肺機能や自尊心を高める効果があることが示されています。

体組成を改善する

2018年の研究Trusted Sourceで、研究者はバスケットボールをプレイすることが全体的な体組成に良い影響を与えることを発見しました。この研究では、トレーニングを受けていない男性が、3カ月間のストリートバスケットボールのトレーニングを受け、全体的なフィットネスと体組成にプラスの効果がありました。

さらにトレーニング後、男性は除脂肪体重を増加させ、体脂肪率を低下させました。

心臓の健康を促進する

定期的な身体活動は、心臓の健康と全体的なフィットネスレベルの向上に役立ちます。2019年の研究によると、バスケットボールは安静時の心拍数を増加させ、心肺機能の向上に良い影響を与えます。これは、心血管疾患を発症する可能性が低くなることと関連しています。

自信をつける

バスケットボールをプレイしチームとして、メンバーはお互いに励まし合い、やる気を起こさせ、サポートすることができます。また、改善すべき点を指摘し合うことで、前向きに成長することができます。スポーツをし多くの人とコミュニケーションを取ることで、自身につながることでしょう。

 ストレスの軽減

体を動かすことで、気分を良くするホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。エンドルフィンは、気分を高揚させたり、リラックスを促したり、痛みを軽減したりします。また、うつ状態を緩和し、自尊心を高め、仕事のパフォーマンスを向上させる効果もあります。

集中力のアップ

バスケットボールをすると、ゲームに集中することで集中力を高めることができます。また、バスケットボールをすることで、現在の状況を認識する力やマインドフルネスを身につけることができます。