2022-01-28

バスケットボールはどのように変化してきたか

世界中で人気を集めているバスケットボール。バスケットボールは過去数年で大きな変化を遂げており、100年以上前と比較するとかなりルールなどに変更が加えられています。そこでこの記事では、過去数年間でバスケットボールがどのように変化したかを紹介します。

ピーチバスケット

バスケットボールは今はこの名称で親しまれていますが、昔はピーチバスケットという名称でした。

このゲームの初期には、現在のゲームルールの基礎となる13の基本ルールがありました。

現在のバスケットボールと初期のピーチバスケットの大きな違いの一つは、ドリブルです。初期のバスケットボールには、ドリブルというものがなかったのです。そのため、ピーチバスケットではドリブルはせずに、ボールをキャッチしたその場から、惰性で歩かざるを得ない数歩以外は動かずにボールを投げなければならないというルールだったのです。

バスケットボールのオリジナルルール

オリジナルのバスケットボールには、以下のようなルールがありました。

・プレーヤーは片手または両手を使って、どこにでもボールを投げることができる。

・拳でボールをバッティングすることはできず、手のひらだけを使ってあらゆる方向にボールを投げることができる。片手でも両手でもよい。

・ボールを持って走ることは許されない。プレーヤーは、ボールをキャッチした場所からのみボールを投げることができる。ただし、走っているプレーヤーが停止するための数歩の間は除く。

・ボールを保持するために、腕や肩などの体の一部を使うことは許されない。

・選手はいかなる方法でも相手を押したり、握ったり、突き飛ばしたり、つまずいたり、叩いたり、肩を貸したりすることは許されなかった。そのような行為が行われた場合、1回目の違反ではファウルとなった。これが2回目になると、その選手は次のゴールまで失格となる。

・同じチームが3回連続してファウルを犯すと、相手にゴールポイントが与えられる。

・ゴールとは、ボールがバスケットに入り、相手にインターセプトされずにそのままゴールした状態をいう。

・ボールが境界線の外側に投げられた場合、最初にボールに触れた人が5秒以内にボールを内側に投げ入れなければならない。遅れた場合には、相手がボールを投げることになる。紛争が起きた場合、アンパイアはボールを内側に投げ戻すことが求められた。

・試合は15分ごとに2回行われ、その間に5分間の休憩がある。

・ゴールの数が多いほど勝利となる。

バスケットボールの変化

これまでバスケットボールには以下のような変化がありました。

 チームの規模

最初のバージョンのゲームでは、プレイヤーの数は固定されていませんでした。1897年の時点では、チームサイズについては5人が標準的なルールとなりました。

サブスティテュート

当初は、13のルールにあるように、選手の交代や再出場という概念はありませんでした。失格になった選手を試合に呼び戻せるようになったのは1920年のことです。1934年には2回、1945年には無制限に選手を呼び戻せるようになりました。

バスケット

このゲームのオリジナルバージョンでは、ピーチバスケットを10フィートの高さに吊るしていましたが、これは今でも変わっていません。1892年には、ピーチバスケットに代わって丈夫な織物の籠が登場し、1年後には、籠を固定するために鋳鉄製のリムが使われるようになりました。1912年にはナイロン製の下開きのバスケットが初めて使われるようになりました。