2022-12-02

プロのバスケットボール選手になるために必要な5つのスキル

バスケットボールは非常に人気のあるスポーツで、プロリーグの試合には世界中から何百万人もの観客が集まります。 プロのバスケットボールチームのメンバーになることは、簡単なことではありません。

毎年多くの才能ある選手が志望しているため、彼らとの厳しい競争に勝ち抜いた人のみがプロのバスケットボール選手になることができるのです。 最近では、プロのバスケットボール選手になりたいという人に向けて、バスケットボールトレーニングキャンプがあります。 しかし、他のスポーツと同様に、プロになるためには、ボールハンドリング、パス、ディフェンス、リバウンド、シュートなどの特別なスキルが必要です。 これらのスキルは、プロ選手にとって必要不可欠であり、そのほとんどはトレーニングキャンプに参加することで身につけることができます。

そこでこの記事では、プロのバスケットボール選手になるための5つのスキルを紹介していきます。

ボールハンドリング

ボールハンドリングのスキルは、特に背の低い選手には欠かせません。 ボールハンドリングに優れた選手は、通常、ガードのポジションを与えられます。 ボールをオフェンス側に運び、プレーをセットアップする役割を担います。

ボールハンドリングのスキルを持たないプレーヤーは、プロのバスケットボールプレーヤーになることはできないので、他のスポーツ検討する必要があります。

パス 

パスは、バスケットボールをプレーする際に必要となる基本的なスキルです。 パスにはいくつかの種類があり、相手の位置と受け手の位置などの状況に応じてうまく使い分けます。

バスをするには周囲をよく見て、正確な判断を瞬時にすることが求められます。フリーの見方を見つけるなど、常に幅広い視野を持っておくことが大切でしょう。

また、うまくパスを回すためには、しっかりと狙ったところに投げられるスキルを身に付けることも大切です。試合中ディフェンスが付いた状態だと、思うようにパスをすることができません。そのような時でも狙ったとおりにパスを回せるようにすることが大切です。

プロバスケットボール ディフェンス

ディフェンスプレーヤーの役割は、相手のシュート、パス、ドリブルを防ぐことです。

理想的なディフェンス選手は、機敏で長身の体格を持ち、フットワークとポジショニングのテクニックに優れた人です。

ボールがどのように動いているか、次にどの選手に回るかなどを判断しつつディフェンスをすることで、相手チームの攻撃を妨げることが可能になるでしょう。

リバウンド 

リバウンドとは、シュートをミスした後にボールを回収する行為です。 多くのプロ選手がミスショットのリカバリーに力を入れています。

ミスショットは、ボールを獲得したり、再び手に入れたりする絶好のチャンスであり、それが得点機会につながる可能性があるからです。

リバウンドは身長が高い人ほど有利になります。低身長であればジャンプ力を鍛えるなどし、ボールを拾えるようになりましょう。

シュート 

 シュートは、バスケットボールの中でもおそらく最も難しいスキルです。 バスケットボールのゲームでは、レイアップ、フックショット、ショートレンジ、ロングレンジショットなど、さまざまな種類のシュート技術があります。

 シュートを打つことで、チームは得点を稼ぎ、試合に勝つために相手を圧倒しようとします。得点力が高い選手はチームで重宝されるので、プロを目指したいのであれば、まずはシュートの練習をするのがいいでしょう。

トレーニングキャンプを利用することで、プレーヤーはこれらすべてのスキルを身につけることができます。 プレーヤーがどのように成長するかは、それぞれの選手の体型、才能によって異なります。 

必ずしもすべての選手が同じようにスキルを身に付けることができるわけではないですが、トレーニングである程度スキルアップすることが可能です。