2021-11-28

大学のバスケットボール奨学金を獲得する方法

毎年、何千人もの高校生が、ほんの一握りの大学バスケットボール奨学金を目指して競い合います。

プロのバスケットボール選手を目指している人も、大学に進学してより多くのチャンスを得るために準備している人も、バスケットボールの奨学金は間違いなく役に立ちます。

しかし、あなたが5つ星の有望株や世代を超えた才能の持ち主でない限り、大学のコーチがあなたを勧誘しにやってくると考えるべきではありません。

また、受け身になって「リクルート活動の流れに身を任せる」ということもしてはいけません。

そのため、奨学金を得るためには、いくつかの努力が必要です。ここでは、そのためのヒントをいくつかご紹介します。

大学レベルでの自分の位置を確認する

大学にメールや手紙、ビデオを送る前に、まず最初にすべきことは、自分のレベルを理解することです。

自分のスキルを正直かつ正確に評価してもらうためには、次の2つのうちどちらかを行う必要があります。

1.自分のゲームに精通している人(コーチ)に評価してもらう。

2.バスケットボールキャンプに参加して、スカウトが自分をどう評価するかを見る。

どちらかを行うことで、自分が仲間と比べてどのくらいの位置にいるのかを明確に理解し、次のステップに進むことができます。

必要なものをまとめる

自分の立ち位置がわかったところで、次のステップは、スカウトやコーチの注目を集めるために必要な資料をすべて作成して集めることです。

つまり、学業成績や成績証明書、高校時代のスタッツ、そして最も印象的なプレーをまとめたハイライトリールのビデオなどです。

これらは、大学に連絡を取るときに役立ちます。

また、個人のソーシャルメディアチャンネルに不適切なコンテンツを入れないようにすることも同様に重要です。

スカウトが個人のSNSをチェックすることもあるので、FacebookやInstagram、Twitterのフィードでは適切でポジティブな内容を心がけましょう。

ゲームのハイライトテープを作成する

あなたのバスケットボールのスキルを紹介するビデオを作成することで、あなたの試合を見ることができないスカウトやコーチにあなたをアピールすることができます。

そのためには、試合の映像を録画し、それをつなぎ合わせて3分から7分のビデオを作り、スコアリング、パッシング、ディフェンス、ボールのないところでの動きなど、自分のゲームのすべての分野をハイライトします。

良い品質のクリップを使い、きれいでシンプルな編集をして、ビデオをオンラインで公開し、共有しましょう。

興味のある大学に連絡を取る

大学の採用担当者やコーチがあなたのことを知らなければ、奨学金を得るチャンスはほとんどありません。

高校3年生の早い段階で、自分が活躍できそうな学校のリストを作り、自分の直感が正しかったかどうかを確認しましょう。

その学校のバスケットボールプログラムに興味があることを伝えるために、自己紹介のメールを送りましょう。

可能であれば、コーチに会い、キャンパスを見学するためのアポイントを取りましょう。これは、コーチとの相性を確かめたり、学校の文化が自分に合っているかどうかを確認するのに最適な方法です。