2022-08-17

日本におけるスポーツベッティングは?人気はどれくらい?

ここ数年で世界中で人気を集めているスポーツベッティング。スポーツベッティングはインターネットを利用して気軽に楽しめることができるオンラインギャンブルとして、多くの人が始めています。

では、日本においてスポーツベッティングはどうなのでしょうか?今後人気があがるのでしょうか?

スポーツベッティングとは

スポーツベッティングとはスポーツの試合にベットすることができるギャンブルのことを言います。

スポーツベッティングはイギリスではじまったギャンブルであり、インターネットを利用して日本国内から利用することができます。

スポーツベッティングの対象となるスポーツは野球やサッカー、バスケットボール、バレーボールなど30種類以上があり、世界中のイベント、試合にベットすることができるのです。

スポーツベッティングはインターネット環境さえあれば誰でも利用することができます。そして、最近ではスマートフォンやタブレット端末などのモバイルからも利用できるようになっています。そのため、世界中で人気を集めているのです。スポーツベッティングを提供しているブックメーカーは、最近では日本マーケットにも参入しており、日本語サイトを用意しているブックメーカーもたくさんあります。

日本でも合法化の動き

日本ではギャンブルが法律で禁止されています。そのため、スポーツベッティングが違法行為になるのではないかという不安があり、利用せずにいる人がたくさんいます。

ただし、日本では競馬、競艇、宝くじ、TOTOなどが公営ギャンブルとして認められており、日本でもスポーツベッティングを合法としようという考えが少しずつ広まっているのです。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は日本政府はサッカーと野球のスポーツ賭博の合法化に向け検討を開始したと報じており、2014年にはスポーツベッティングが合法になるのではないかとささやかれています。

また、日本では統合型リゾート整備推進法が成立しており、数年以内にカジノが誕生することが余栄されています。カジノが日本に誕生するということは日本にとって大きな変化であり、他のギャンブルに対する法律上の扱いが変わることも十分考えられます。

日本のスポーツベッティングの市場規模

日本はギャンブル大国といわれており、公営ギャンブルの市場規模は7兆円といわれています。そのため、今後スポーツベッティングが合法化した場合、その市場規模はかなり大ききくなるのではないかと予想されています。

なんとオンラインスポーツベッティング市場規模は推定50億円程度とされており、日本でもかなり期待されているのがわかります。

現在ではすでに日本国内でも楽天などの大手企業がスポーツベッティング市場に参入しており、合法化に向けて準備をしているのです。今後スポーツベッティングに参入する企業も増えることでしょう。

スポーツベッティングと日本の問題

今後スポーツベッティングが日本で合法化するのであれば、かなりの経済効果が期待できます。しかし、スポーツベッティングを日本で認めるのであれば、解決しなければいけない問題があります。それがギャンブル依存症です。

日本ではギャンブル依存症が社会問題となっており、多くの人が問題を抱えています。

そして、今後スポーツベッティングが合法となるのであれば、このギャンブル依存症が深刻化してしまう必要があるのです。スポーツベッティングはオンラインで気軽にたのしむことができるため、たくさんの資金を投下してしまったり、四六時中スポーツベッティングをしてしまうようんなったりなど、依存症となってしまう可能性があります。

そのため、スポーツベッティングを合法化するのであれば、この問題をどのように対処するのかを最初に考える必要があるでしょう。