2022-01-28

減量のためにエクササイズよりも食事が重要な5つの理由

ダイエットをする際に、多くの人はエクササイズか食事制限で悩むことでしょう。

この記事では、食事がエクササイズよりも重要な理由について解説します。

1. 運動だけでは体重は減らない

これまでの研究で、運動だけでは大幅な減量はできないことが証明されています。その主な理由は、私たちの大多数が、知らず知らずのうちに、運動して消費したカロリーを補っているからです。過剰な間食や持ち帰りの食事など、私たちの無意識の食習慣は、どんなに激しい運動をしても、その効果を簡単に打ち消してしまいます。

2. 運動すると食欲が増す

体を動かすことで食欲や代謝が活発になるという研究結果があります。これにより、運動をすることで、食欲が増してしまうのです。

激しい運動をしている人は、同時に摂取カロリーも増加する傾向があり、時間が経つにつれて運動の効果が徐々に失われていくことが確認されています。

このような事態を避けるためには、ダイエットを始める前に食事を制限して、運動の効果を最大限に引き出すことが必要です。

摂取カロリーを増やすのは、運動の頻度や強度を上げたときだけにして、間食や食事は1日の中で調整するようにしましょう。

3. 運動量を増やしても、肥満の増加には歯止めがかからない

米国では、2001年から2009年にかけて、身体活動を行う人の割合が顕著に増加しました。しかし、同期間における米国成人の肥満の増加を防ぐことはできませんでした。これは、体重増加や慢性的な食生活の状態の発症を防ぐには、運動だけでは不十分であることを裏付けています。

肥満を減らすには、食事やおやつの栄養価を見直すことが必要です。そうすれば、日常的に食べる飽和脂肪や糖分の量を調節することができ、全体的な健康状態を改善し、実施する運動の効果を最適化することができます。

4. 食事は運動の原動力となる燃料である

食事と運動の関係を誤解している人が多いようですが、実は食事は運動の原動力となる燃料です。体内に適切なカロリー摂取、エネルギー、栄養素がなければ、効果的な運動はできず、目標とする減量もできません。そのためには、適切な食品を摂取してエネルギーレベルを最適化することが重要です。例えば、バナナや赤身の白身の肉は、どちらも自然のエネルギー源として優れており、これらを摂取することで、フィットネスの目標を達成し、安定して体重を減らすことができます。

5. 短期的な体重減少も食事が決め手

ここまでは長期的な成果を重視してきましたが、テクノロジーの進化や現代生活のスピードに伴い、私たちは焦りを感じています。そのため、短期的な成果も必要とされますが、その場合でも、急激な体重減少を促す最も影響力のある要因は食事です。

専門家によると、減量は一般的に75%の食事と25%の運動で構成されていますが、前者が努力の鍵を握っているとも言われています。700件以上の減量研究を分析した結果、多くの人がスマートな食事やダイエットで短期的な効果を実感していることがわかりました。ダイエットをする際には、まず余分なカロリーを落としてから、有酸素運動や体を引き締めることを意識してみてください。