2022-05-28

社会におけるスポーツの役割とは?なぜスポーツが重要なのか

スポーツはプレイしたり、観戦したりして楽しむもの。私たちにとっては、1つのエンターテインメントとしての要素が強いでしょう。しかし、スポーツは歴史上、社会において重要な役割を果たしてきました。

コミュニティの形成

これまでスポーツは、コミュニティの形成に大きく貢献してきました。子供から大人までが多く集まって一緒にスポーツをすることで、コミュニティを結成し、大きな娯楽として機能していたのです。

また、スポーツ観戦においてもファンクラブが形成されるなど、コニュニティーと大きく関連しています。

これまでスポーツがコミュニティを形成してきたことにより、人々は同じ趣味を共有しつつ、多くの楽しみを見出してくることができたのです。

アイデンティティの形成

スポーツはコミュニティーだけではなく、アイデンティティの形成にも貢献してきました。

それぞれの地域で異なるスポーツがプレイされることで、都市や州、国のアイデンティティを形成するのにも役立ってきました。例えば、日本でいえば、相撲や柔道などのスポーツは、日本のアイデンティティの形成に大きく貢献してきました。

一部のスポーツは特定の国でしかプレイされていません。そして、そのスポーツにはその国、地域の特色や文化が反映されているのです。

そのため、アイデンティティを形成してきたスポーツからは、その国の歴史背景や文化を知ることができるのです。

スポーツは1つの文化ということもできるでしょう。

経済の発展

スポーツは経済の発展にも大きく貢献してきたといえます。周辺を見渡してみると、多くの商品、建物がスポーツに関連してるといえます。

街には多くのスポーツ場、スタジアムなどがあります。そして、スポーツ新聞が発行されたり、グッズが販売されたりなど、多くの経済効果をもたらしているのです。特にオリンピックやワールドカップなどの世界規模の大会が開催された際には、多くのテレビ局などがその試合の様子を放送します。これにより多大な放送料が発生するので、経済的に大きな利益を生み出すことができエチルのです。

このようにスポーツによって大きな恩恵を受けることができ、たくさんの企業が成長してきたという歴史があります。

また、スポーツが存在してくれていたおかげで、多くの雇用が誕生してきました。今ではスポーツは国の経済を支えるにあたって欠かせない存在だといえます。

生活の質の向上

スポーツと人々の生活の質の向上は大きく関係しています。スポーツをして他の人と交流するようになった、体を動かす機会が増えた、などスポーツをすることで多くのメリットを受けることができます。また、スポーツを暇な時間を充実させることができるので、生活の質の向上につながっているのです。

そのため、今では人々の生活にスポーツはなくなてならない存在といっていいでしょう。

また、スポーツをして健康を維持することで、長寿にもつながっています。

国と国の交流

最近ではテロや紛争が多く、国同士の間で多くの摩擦があります。しかし、スポーツとなると話は別であり、それぞれの国が互いを尊重しつつ、一緒にスポーツを楽しみます。

これによって、平和構築的な取り組みにおいて大きくスポーツは貢献しているといえます。スポーツを楽しむ間は、国同士はネガティブな感情をすてて、純粋に交流を楽しむことができるのです。