2021-11-28

AIはどのようにパーソナルトレーニングに役に立つ?

どのようにしてAIはあなたのパーソナルトレーニングに役立つのでしょうか?

最近ではスマートフォンから、スポーツチームやジム、パーソナルトレーナー、あるいは専門家だけが利用できた技術にアクセスできるようになりました。AIのおかげで、人の手を借りずに行うワークアウトやフィットネスのレッスンも可能になりました。今や外出したり専門家を雇ったりすることなく、健康を維持・管理することができるのです。

AIを導入することによって、私たちのトレーニングはより効率的に行うことができるようになるでしょう。そして、ジムを利用せずに、自宅でパーソナルトレーニングが簡単にできるようになるのです。では、実際にAIがどのようにトレーニングをサポートするのかを見ていきましょう。

AIがフィットネスをどのように再構築するか

人工知能は、時間を有効に使い、質の高いサービスを提供することで、組織のスマートな活動を可能にします。

そのため、最新のワークアウト・ルーティンには、機械学習や人工知能が使われるようになってきているのです。

ある調査によると、男性の65%、女性の55%が、ジムに行ってワークアウトをするときに、戸惑いや怖さを感じています。一方、自宅でのワークアウトでは、65%の人が自信を深めたそうです。

もしもAIを利用すれば、音声認識とAIチャットインターフェースが自宅でのワークアウトをサポートし、アプリケーションやデバイスがユーザーとのリアルなインタラクションを体験できるようになります。

人間のトレーナーは、ウェアラブルやセンサー、カメラなどのデバイスが生成する大量のデータを分析・理解することができませんでした。一方、AIは、複数のアルゴリズムを処理して通過させ、世界中の人々の匿名データと組み合わせれば、フィットネス、エクササイズ、栄養プログラムを誰にでも最適化することができます。個人のエクササイズプログラムは、継続的な機械学習とAIアルゴリズムにより、時間の経過とともにどんどん正確になっていきます。

ジムといえば、まずパーソナルトレーナーがいます。しかし、適切な知識がなかったり、トレーナーが使えなかったりすると、全体のパフォーマンスに支障をきたします。また、個人で雇っても、施設を介して雇っても、練習中に本当に役に立つ方法で常に監視されているわけではないので、意味がありません。

このような問題を解決するためには、運動中の選手のパーソナルトレーナーとしてAIを活用することが有効です。手順やフォームを自動で把握してくれる。間違えた場合は、機械があなたと対話し、適切にエクササイズや課題を実行してくれます。

そのAIを搭載したマシンは、あなたの一歩一歩を分単位で追跡し、間違っている場合は、それを正してくれます。ワークアウトを監督してくれるバーチャルなパーソナルトレーナーは、現実の世界でも素晴らしい効果を発揮します。

AIによるトレーニングデータの作成

トレーニングの正確な動作やその他の重要な特徴を特定するためには、アノテーションが不可欠です。最近の興味深いAIシステムの多くは、画像や動画のアノテーションを利用しています。機械学習モデルは、動いている人間の体を注意深くアノテーションすることで、幅広いシナリオで機能することができます。

これらの要素をもとに、従来の機械学習の考え方に基づいた技術を開発し、エクササイズやヨガのテクニックを自動的に評価し、個人に適切なフィードバックを行うことができます。このような革新的なアプローチを応用することで、運動の質の決定、アスリートやコーチの支援、トレーニングの最適化、怪我の予防などに重要な役割を果たすと考えられます。